ARTBANK KOREA訪問

【ARTBANK KOREA リサーチ訪問】

韓国のアートバンクを訪問し、調査と交流を行いました。ソウルの国立近代現代美術館に属し、台湾と同様に文化府が行う国家プロジェクトです。2005年に「一家一絵」を掲げ始まり、来年で10年目を迎え、作品購入予算は約一億五千万円。プラスで、政府向けの部門と一般向けの部門それぞれに予算が追加されています。
若手作家サポートをメインに着手されましたが、国家の所蔵品となることを考慮し、現在では比較的価値が付けられた知名度も高い作家の作品をコレクションし始めました。意見交換中には、「芸術大学卒業からギャラリーに所属するまでの間、アーティストにとって社会環境が悲惨なのは、韓国も同様。若手作家のキャリア構築をサポートし、市民の現代美術に対する意識を変えていくアルトテックのプロジェクトはリアルタイムで必要な存在。」とお話頂きました。今回のリサーチは2015年2月に発売されるアートバンクアーカイブブックで紹介されます。(ARTBANK, KR :http://www.artbank.go.kr:8080/english/index.asp
Artotheque visited Artbank Korea for our research and idea exchanges. It belongs to the national museum of modern and contemporary art, Korea, as a national project so as Artbank Taiwan. The project was started in 2005 with the goal of “One piece of art for one house”. It was aimed to support young artists at the beginning, however, considering the value of collected pieces become the national collection, now it’s having more famous or expensive pieces as well. During the meeting, they said “A system like Artotheque is absolutely necessary for the current situations.”  The contents of the research will be included to the artotheque archive book will be published at Kyoto University of Art and Design, in February 2015.
(ARTBANK, KR : http://www.artbank.go.kr:8080/english/index.asp