About

» English

ご挨拶

美術大学を卒業するに際して一番の問題となるのが、制作時間場所の問題です。就職して借りた奨学金を返済しながら、週末に制作をする暮しが始まってしまうと、将来を嘱望された若者の多くが筆を折ってしまうのです。長らくアーティスト育成の受け皿となっていた教職も、現在は美術の授業時間減と教育現場の過重労働によって、作家を育成する場ではなくなりました。

そんな状況を看過できず、若いアーティストの育成を支援しようと発足したのが「アルトテック(フランス語でアートのライブラリ)」です。図書館のように旬の作品を、誰もが借りることができるのです。この仕組みはアートバンクとも呼ばれ、すでにカナダ、オーストラリアでは先行してパブリックサービスとして社会に根付きました。台湾も2013年から国の主導で年間約1 億5 千万円の作品購入予算を組んで系統的に作品収集と公共機関への貸出を開始しました。

現在は、京都を拠点に京都造形芸術大学や京都経済同友会の支援を少しずついただきながら一歩一歩前進中です。この取組が、GDP に比べて世界市場の1 % にも満たないというこの国の異常な美術内需拡大の切掛けとなって、大学卒業後の困難な時期に作品を作り続ける一助となれば、日本文化の未来にとって明るい材料になると確信しています。

アートイベントやコンペも重要ですが、そこに至るには持続可能なシステムがなければなりません。ウェブサイトもリニューアルし、フェイスブックもアジアからの留学生たちの頑張りで多言語対応になりました。企業や行政機関のオフィスに、カフェやホテルの空間に、今を生きる若いアーティストたちの作品を是非ともご活用いただきたいと願っております。

椿昇 アルトテック・ディレクター / 京都造形芸術大学 美術工芸学科 学科長

 

 

アルトテックとは?

ARTOTHÈQUE( アルトテック)はフランス語で「アートライブラリ=芸術図書館」の意味です。現在は京都を中心に活動する若手作家作品のウェブアーカイブとして機能すると同時に、作品を行政、企業、個人へリース、行政や企業からの委託を受けたコーディネートやコミッションワークの提案、設置空間のアートディレクションなども行なっています。自宅の模様替えや、用途に合わせたオフィスの雰囲気作りに利用すると同時に、アートを見ながら過ごす時間を日常に取り入れるために最適なシステムです。

 

アルトテックとともに

・新進気鋭の若手アーティストを直接応援できます。

・世界標準の現代アートに関心が深まり、アートマーケットが身近になります。

・将来のコレクションに向けての学びと経験が深まります。

・気に入ったアーティストに作品制作を依頼できます。(コミッションワーク)

・海外顧客や友人たちと、アートを介した深い信頼関係が生まれます。

 

その他の詳細は下記よりパンフレットをダウンロードしてください。

アルトテックパンフレット2016

 

Introduction

Finding the time and place for production is one of the biggest problems to be faced upon graduating an Art university.

Once the life as a worker paying o student loans and producing on weekends starts, many of those who had a strong desire for the future end up giving up their artistic career. For a long time, the teaching  eld had been a support for raising artists, but from the reduction in time for art classes and overwork in the educational  eld, it is no longer a place for nurturing artists.

“ARTOTHÈQUE (French for Art Library)” was established in order to support the cultivation of young artists, in order to better the situation.  e system works like a library, where anyone is able to borrow in-season artworks.  is system also called an Artbank, has already taken root as a social service in Canada and Austria. Also since 2013 in Taiwan, 150 million yen had been built into budget by the country for purchasing artwork, to begin their collection and rental by public organisations.

Currently, we are steadily stepping forward, with the support of Kyoto University of Art and Design, and Kyoto Association of Corporate Executives. In the abnormal state of this country where the domestic demands for art is less than 1% of global market in comparison to the GDP, if we can expand the demands and become a help in this situation of difficulty for graduates in creating artwork, we believe that it will definitely bring a better future to Japanese culture.

Art events and competitions are of course important, but there first needs to be a system that allows persistency. We have renewed our website, and our Facebook has also become multi-lingual from the help of the students from Asia.

Noboru Tsubaki

ARTOTHÈQUE Director / Head of the Department of Fine and Applied Arts, Kyoto University of Art and Design

 

WHAT IS ARTOTHÈQUE ?

ARTOTHÈQUE means “Art Library” in French.

We currently operate as a web archive for the artworks of young artists based around Kyoto, and let these artworks for lease to organisations, companies and individuals, as well as accepting commissions for artwork, co-ordination and art direction for installation from organisations and companies. The system is perfect for changing the layout of homes or for rearranging the office for specific needs, whilst making time for enjoying art within the everyday life.

With ARTOTHÈQUE

・Directly support young up-and-coming artists.

・Become more informed in contemporary art that meets world standards, and be closer to the art market.

・Deepen your knowledge and experience, for a future collection.

・Make a commission to an artist of interest.

・Create deeper relationships through at with international customers and friends.

 For more information, please download the brochure below.

 brochure2016